プラスチック塗装・樹脂塗装のことなら株式会社奥田へ株式会社 奥田

品質保証

品質保証への取り組み

3年間クレームゼロを達成

社内の共通意識

お客様第一、 現地現物が品質保証の原点であり、品質は工程で作りこむもの!!

品質向上に欠かせないPDCAサイクルを活用し、不良率の低減
不良流出ゼロを実現させる為に週に一度 改善活動を行っております。

日常の管理項目

膜厚測定

膜厚測定

塗膜性能に重要な膜厚を管理します。

色差測定

色差測定

人の目で判別出来ない色の差は色差計を用いて管理いたします。

Lab軸について

Lab軸について

色の許容差の事例

測定した三刺激値XYZをUCS(均等色空間)に変換すると、例えば図9のL*a*b*座標で表示できるようになりますので、2色の座標間の距離で知覚色差の大小が比べられます。つまり、色の許容範囲を色差値で表現することができます。色の許容差は当事者間の協定によって決めるべきものですが、参考までに、JIS規格や各種の工業界で、一般的に使用されている事例を、図10に紹介してみました。

図:色の許容差の事例

色の許容差の事例

初期密着テスト(クロスカット試験)

クロスカット試験とは

試験面にカッターで1㎜~2㎜の間隔に縦横に切り込みを入れて、25,100個の碁盤目を作ります。
目の部分にセロハンテープを強く圧着させた後、テープの端を約45度から60度の角度で
一気に剥がして、碁盤目の状態を標準と比較して評価する方法です。

初期密着テスト(クロスカット試験)

  • まずはお気軽にお問い合わせください
  • 営業時間平日9時から17時まで。土日祝日はお休み。

  • ネットでのお問い合わせ

  • 下記のお問い合わせフォームから必要事項をご記入のうえお問い合わせください。

  • お問い合わせフォーム

  • アクセスマップ

  • 東海北陸自動車道美濃ICから3分の恵まれた立地条件です。

  • アクセスマップ